MPP Globalがリテンション機能とリカバリー機能でeSuiteを拡張

MPP Global Posted by MPP Global on Thursday, 05 May 2016

MPP Globalは、eSuiteに先進機能を追加しました。eSuiteは、新しいリテンションとリカバリーのモジュール導入に伴い、デジタルオーディエンス識別、関与、収益化を行う唯一の完全統合クラウドプラットフォームです。

顧客を自社サービスへ呼び戻すことを確実にする方法をメディア企業が探し続ける中、今回MPP Globalが新たに開発した機能により、企業が、契約解除する可能性のある顧客を監視し管理することができるようになりました。

定期継続支払いモデル

定期継続支払いモデルは、キャッシュフローや運用効率など予測が容易で、メディア企業にとって大きなメリットをもたらしますが、サブスクリプション単位の課金には困難も伴います。最初の課金後に顧客からサブスクリプションの支払いを徴収することができない場合、収益性に影響を与え、顧客の生涯価値を低下させることになるからです。

企業がサブスクリプション課金に関連する課題を克服するために、MPP GlobalのeSuiteは、プラットフォーム内で顧客リテンションと顧客リカバリーの両方を組み合わせています。リテンション機能には、無意識な契約解除を最小限に抑える様々な積極的な戦略があり、リカバリー機能では、インテリジェントな洞察機能を使用して、すでに拒否された定期購読支払いの取引をリカバリーできるよう支援しています。

リテンション機能

顧客リテンションにより、企業は顧客離れを最低限に抑える様々な先進技術にアクセスでき、サブスクリプション更新に先立ってクレジットカードの詳細を修正したり、自発的にまたは支払いの失敗のせいでサブスクリプションをキャンセルした顧客を取り戻すキャンペーンを実施できます。

eSuiteは、データサイエンスや機械学習を活用して、高度な顧客離れアルゴリズムを備えているため、メディア企業は、どの顧客に契約解除の危険性があるかを正確に予測し、顧客と再交渉できます。コンテンツ推薦、サービスクレジット、有効期限の延長を使用し、企業は、顧客が契約解除することなしにサービスを継続して使用することを確実できます。

リカバリー技術

より良いサービスを提供することに集中できるよう、メディア企業は、リカバリー技術を活用して、最も高い確率でリトライが成功するであろう順番を理解できます。

サブスクリプションでは、1日の特定の時間に支払いを処理しようとすると、成功率が制限される可能性があります。例えば、銀行は夜間メンテナンスを行うことが多く、支払いの失敗を増やすことが分かっています。

リカバリー機能により、データサイエンティストが正確な抑制時間帯を設定することができ、承認を得る可能性が最も高いリトライを設定できます。企業は、サブスクリプションの更新を処理する時間を設定し、初回支払いの成功率を最大限にできます。調査によれば、eSuiteは、無意識による契約解除を85%以上削減することに成功しています。

eSuiteの強化

MPP Globalは、新しいモジュールの導入により、メディア企業に対するサブスクリプション課金のサポートを強化し、顧客リテンションと運用効率を向上させ、既存顧客のリテンション率をさらに6%引き上げ、年間6百万ポンド以上の価値をもたらします。

この発表において、MPP Globalの最高経営責任者Paul Johnsonは、次のように述べています。「私たちは、当社のクラウドプラットフォームeSuiteに新たなレベルの機能を導入し、顧客リテンション力を高めることで、当社のクライアントの収益を最大化できることを嬉しく思います」。

「この新しい機能により、当社の現在および将来のクライアントは、顧客離れを最小限に抑え、契約解除する可能性が最も高い顧客と効果的に再交渉することができ、同時に初回のサブスクリプション更新に関する成功率を高めることができます」。