MPP Global、eSuiteサブクリプションとセキュアペイメントサービスをマイクロソフトAzureに統合

MPP Global Posted by MPP Global on Wednesday, 16 November 2016

MPP GlobalはAzureクラウドプラットフォームを成長戦略の一部として採用します。

デジタル視聴者の識別をし、引きつけ、収益化するための完全統合型eコマースプラットフォーム、eSuiteを提供するMPP Globalは、今日、マイクロソフトAzureクラウドプラットフォームで稼働する初のeSuiteモジュールの展開に成功したことを発表しました。その他のeSuiteモジュールも順次迅速に移行されます。

MPP Globalはテクノロジー業界のリーダーであり、洞察力と、企業が将来の困難に向き合うための開発力、順応力をもたらすことにフォーカスしています。

グローバル展開フェーズの一部として、MPP GlobalはAzure上でクライアントが利用できるようになりました。これにより、MPP Globalのクライアントは、Azureが提供する世界規模、企業レベルのセキュリティの恩恵を受けることができます。

新サービスと新領域

マイクロソフトはあらゆる産業の企業を強化し、企業はAzureクラウドプラットフォーム上で新しい視聴者エクスペリエンスを提供できるようにます。MPP Globalは新しい領域、新しい地域でIDマネジメント、CRM、eコマースサービスを提供することができます。

マイクロソフトの技術力により、MPP Globalはマシーン・ラーニング、ローカライゼーションサービスの2点において大規模開発における恩恵を手にすることに成功しました。 Azureのマシーン・ラーニング能力は、MPP Globalのクライアントに対し、顧客離れの予知、離脱の危険性があるサブスクライバーを正確に特定する能力を提供し、eSuiteのリカバリー&リテンション・モジュールに重要な機能をもたらしました。

クライアントにとってのリレーションシップとは何を意味するか

世界中にクライアントを抱えるMPP Globalにとって、彼らのサービスをどこでも安全、効率的にうまくサポートできる能力は不可欠です。

Azureを使い、MPP Globalは迅速に、どんな場所でもサービスを提供できます。20を超えるマイクロソフトデータセンターを活用し、中国を含む140を超える国々でクライアントにサービスを提供します。これにより、当社は、(eコマースのクライアントが頼る)ビジネスクリティカルなサブスクリプション請求と繰り返される支払い管理・処理のための高度な能力を最小限の遅延で提供することができます。

MPP GlobalのCEO、Paul Johnsonはこのように述べています。「eSuiteをマイクロソフトAzure上で活用できるようになったことはMPPにとってエキサイティングな事です。メディア・小売・消費者サービスマーケット事業では、オムニチャンネル環境で彼らのデジタル商材や物販をインテリジェントに小売販売する必要があり

ます。Azure内でのホスティングは、オペレーションの向上と柔軟性を手に入れ、組織に不可欠なeコマースツールを提供し続け、コンシューマー収入を増大させられることを意味します。」

発表について、マイクロソフトのメディア&ケーブルインダストリーリードEMEA、Rainer Kellerhals氏はこのように述べています。「MPPと緊密に協業でき、またマイクロソフトAzureクラウドプラットフォームにeSuiteを統合でき嬉しく思います。私たちは、より多くの組織が、サブスクリプションと、定期継続支払いの管理をできるように支援する万全の準備ができています。」