独立系調査会社Forresterの最新レポート「継続課金ビジネス・課金管理プラットフォーム」にてMPP Globalがスペシャリストとして紹介される

MPP Global Posted by MPP Global on Monday, 25 November 2019

MPP Globalは、独立系調査会社Forrester Research (フォレスター・リサーチ) の最新レポート “Now Tech: Recurring Customer and Billing Management” (2019年 第4四半期) にて「Vertical Specialist」(ニッチ市場のスペシャリスト) として紹介されました。

Forrester Researchは、世界でも最も影響力のある調査・アドバイザリー企業の1つ。今回Forresterがデジタルビジネス戦略を展開する事業主向けにリリースした “Now Tech” レポートでは、継続課金ビジネスや課金管理プラットフォームプロバイダーについてそのメリットについて紹介しており、条件に応じたプロバイダー選びをサポートしています。

本レポートは、e-ビジネスや流通戦略を専門とする人たち向けに情報提供を行う、Forrester アナリスト Lily Varon (リリー・バロン) 氏が手がけています。バロン氏は、継続課金ビジネスや課金プラットフォームを含む、デジタルビジネスにおけるユーザーの獲得からサービス提供、そして関係維持までをサポートする戦略・テクノロジーを専門に分析を行っています。

本レポートでは、重要なポイントの1つとして「柔軟な課金プラットフォームがあれば、スピードとカスタマーエクスペリエンスを大きく改善することができる」ことを挙げており、特に継続課金(サブスクリプション)が普及し、B2BとB2Cの境目が曖昧になっていることも説明しています。

レポートでは「支払いプロセスは、カスタマージャーニーの中でも重要な部分。支払いで問題が起きることで、ユーザーに精神的に大きくダメージを与えることは明らか。しかしビジネスモデルが多様化することで、課金プロセスでは問題はつきもの。従来のような1回きりのトランザクションは減り、今では複雑な継続課金ビジネスモデルにシフトを見せており、これまでのB2B・B2Cビジネスも多様化を遂げて “B2Any” へと進化をしている」

「この “B2Any” ビジネスに対応するためにも課金プラットフォームは以前よりも柔軟性に優れるようになった。デジタルビジネス戦略専門家も、この柔軟性に優れた課金プラットフォームの長期的価値に気づき始めており、ユーザーの獲得からサービスの提供、そして関係維持に役立つ」と述べられています。

MPP GlobalのCEO兼共同創業者である Paul Johnson (ポール・ジョンソン) 氏は「Forresterの最新 “Now Tech” レポートにMPP Globalが取り上げられ嬉しく思う。出版・テレビ・スポーツ業界

に精通した私たちの専門家としての知識は、これらの業界をリードする会社をクライアントとしてもつことで長年培った経験により実現したことだ」

「特に、eSuiteプラットフォームにとって豊富な選択肢、スピード、そして迅速な新しいサービスの公開は重要な機能であり、これらが柔軟性をもった課金プラットフォームとして重要であると紹介されていることは嬉しく思う。継続課金ビジネスや課金管理プラットフォームが進化を遂げるにあたり、今後もForresterから新たなレポートが出されることを楽しみにしている」と述べています。

2019年10月に公開された、Forrester の最新レポート “Now Tech: Recurring Customer and Billing Management” (2019年 第4四半期) の全文は、ここをクリックして読むことができます

世界で最も優れたデジタルサブスクリプション管理と課金プラットフォーム「eSuite」の詳細については、公式ホームページからぜひご覧ください。https://www.mppglobal.com/ja/

eSuiteプラットフォーム無料デモの依頼