linkedin-icon

Share on Linkedin

アイリッシュ・ニュース

MPP GlobalとD-Shareテクノロジーを使ったデジタル戦略

Download Case Study

新聞・出版業界はこれまで、消費者のニーズに合わせて様々な新しい画期的なデジタル戦略を展開してきました。その中でも、多くの企業で取り入れられているビジネス戦略の一つが、無料で閲覧できるコンテンツに制限をもうけて一部のコンテンツを有料化する「メーター制課金(ペイウォール)」です。

ペイウォール型ビジネスにシフトすることで、紙媒体の新聞や広告売上よりも、新しい収益源であるオンライン限定コンテンツの提供に注力されるようになりました。

そんな中、1日の平均発行部数が4万部であるアイリッシュ・ニュース(Irish News)は、有料オンラインコンテンツに初めて試みた新しいウェブサイトのローンチによって、さらなる新規読者へのリーチ・獲得に成功しました。

アイリッシュ・ニュースは、北アイルランドで初めて「メーター制課金(ペイウォール)」を採用した新聞社です。有料ユーザーは紙新聞からデジタル、モバイルコンテンツへのアクセスが可能で、非登録ユーザーでも毎月一定数のコンテンツを無料で読むことができます。これにより、アイリッシュ・ニュースは登録ユーザーと非登録ユーザーの両方のデータを獲得することができ、ユーザー理解に役立てています。

アイリッシュ・ニュースが、新しいデジタル戦略を活用して有料購読者の増加を目指す

英国・アイルランドでも長く愛されてきた新聞の一つである「アイリッシュ・ニュース」は、現在そして未来の読者を見据え、デジタルが今後の鍵になると考えました。

新聞業界でデジタルシフトの流れがきている中、アイリッシュ・ニュースも同じようにデジタル中心へとシフトを決めた理由として、現代のデジタルテクノロジーの急速な進化を挙げています。アイリッシュ・ニュースにとって、ビジネスをEコマース中心とし、従来の使いづらくて柔軟性のないシステムから脱却すること、そしてニュース編集室と完全連携したデジタルコンテンツの管理システムを使うことで、新しいデジタル戦略をさらに強化することが目的でした。

またアイリッシュ・ニュースにとって、「質の高いオンラインコンテンツ」も重要視していたものの一つでした。ウェブサイトとしての機能を果たしているだけの従来のウェブサイトから、もっとユーザーにオンライン上で記事を読んでもらえるような新しいウェブサイトに変える必要がありました。これを実現するため、出版・メディア業界を中心にデジタルテクノロジーを提供するD-ShareのデジタルCMS『Kolumbus』をゼロから作り導入しました。Kolumbusが導入されたことで、ウェブサイトのコンテンツ編集からレスポンシブデザインを全てデジタル上で行うことができるようになりました。これにより、アイリッシュ・ニュースはデジタル版コンテンツとサービスを自分たちでモバイルとデスクトップ用に配信するが可能になりました。

特に新聞の売れ行きが落ち込み売上が低迷している中、デジタルコンテンツでの広告収入では限界が出てきたことで、アイリッシュ・ニュースは「メーター制課金(ペイウォール)」の導入を開始しました。ウェブサイトとデジタル版新聞の両方にアクセスする読者向けの有料サービスを、ID管理からCRM、Eコマースプラットフォームまでの全機能をもつMPP GlobalのeSuiteを使って可能にし、さらにD-ShareのKolumbusとデジタル版プラットフォームとに統合も行いました。

この新しいウェブサイトとメーター制課金(ペイウォール)を導入することで、アイリッシュ・ニュースでは英国・アイルランドを超えて、オーストラリアや北アメリカなどこれまで以上の読者にリーチすることに成功しました。これにより、紙新聞の定期購読ユーザーを超えた数の人からデジタル売上を見込むことが可能になりました。

Read More

紙新聞や広告売上が低迷している中、新聞業界にとってデジタルは重要な役割を果たします。だからこそアイリッシュ・ニュースでは、デジタル戦略の改善を重要視しています。

アイリッシュ・ニュースはD-Shareテクノロジーを導入することで、スマートフォン・デスクトップ・ノートパソコンに対応したレスポンシブデザインを実現し、紙新聞のデジタル版をデジタルユーザーに提供することができました。完全にデジタル化することで、一貫性のあるデジタル戦略を展開することができ、読者のエンゲージメント率を高めることに成功しました。

D-Shareとの連携により、アイリッシュ・ニュースはMPP GlobalのeSuiteと、CMSプラットフォームである「Kolumbus」を統合させました。これにより、読者がデジタルコンテンツのためにアクセスするウェブサイトと、アクセスとユーザー管理を行うeSuiteの両方の機能を連携させることに成功しました。この2社の連携により、アイリッシュ・ニュースは使いやすい集約化されたダッシュボードから読者ユーザー管理をすることができ、さらなるデジタル戦略の展開を確実なものにしています。さらに、アイリッシュ・ニュースでは、どの記事を有料コンテンツに含むか、またはウェブサイト上に掲載するかを自由に一つ一つ選定することも可能で、コンテンツ管理を完全コントロールすることもできるようになりました。

そしてeSuiteを活用することで、アイリッシュ・ニュースでは有料登録なしで「無料閲覧」ができる記事の数やメーター制の条件を柔軟にコントロールすることもできます。また収集されたデータをもって、ユーザーについて深く分析したり、登録ユーザーをトラッキングしてプロモーション・特典を使ってターゲティングを行なったり、ウェブサイトへの頻繁な訪問を促すことで登録ユーザーをファンユーザーにさせることなども可能になりました。

ウェブサイトの新しいデザインと使いやすさから、アイリッシュ・ニュースのウェブサイト訪問者数が、モバイル、タブレット、デスクトップ、ノートパソコンそれぞれで増加を見せています。またアイリッシュ・ニュース側でユーザーに関する情報をさらに集められるようになったことで、登録ユーザーそして有料ユーザー数も増加を見せています。eSuiteプラットフォーム上では、ユーザー情報を一画面で把握することも可能です。さらに、これまで無料閲覧をしていたユーザーが登録をして、どのような消費行動をとっているかなどのデータをアイリッシュ・ニュース側で入手できるようになり、ユーザーエクスペリエンスの向上や、ページ滞在時間の増加、広告売上の向上、そして無料ユーザーから有料ユーザーへのコンバージョンを伸ばすための施策に役立ています。さらに、eSuiteプラットフォームの「セルフケア」機能を活用して、アイリッシュ・ニュースでは読者自身でアカウントや購入を管理できるようにもなりました。

また、登録ユーザーや有料ユーザーがウェブサイトに戻るたびに、スムーズなユーザー体験を実感できるよう、アイリッシュ・ニュースではeSuiteの機能を使って、ワンクリック決済、定期決済、電子ウォレットなど、様々な決済オプションを用意しています。さらに、複数のデバイス間で提供するデジタルコンテンツの種類やセットを選定し、eSuiteプラットホームにて全ての売上を集約して、多くの商品やサービスにてそれぞれ柔軟に料金設定を行うことが可能になりました。

メーター制機能から得られた詳細なユーザーデータを元に、アイリッシュ・ニュースはeSuite機能を活用して、ユーザー全体や特定のターゲット層を狙ってキャンペーンの実施も可能になりました。割引や特典などを駆使して、無料ユーザーに登録を促し、有料コンテンツやサービスへのアクセスのために有料登録を促しています。特にアイリッシュ・ニュースでは、無料トライアル期間を提供して、ユーザーに有料コンテンツを体験してもらい、データ収集やコンバージョン率の向上に役立てています。この無料トライアルは、ユーザーに新しくなったウェブサイトを実際に体験してもらうことができ、デジタル戦略を展開する上で適切なキャンペーンやプロモーションを実施することにも繋がります。

より詳細な情報を入手できるようになったことで、アイリッシュ・ニュースではこれまで以上にユーザー分析の精度を高めています。これにより、それぞれの分野において十分な情報に基づいた意思決定を素早く行うことができ、読者に最高で画期的なサービスを提供することを可能にしています。

Read More

「MPP GlobalとD-Shareの共同で行なった今回のプロジェクトでは、デジタル戦略の分野で前進することができました。ウェブサイトは利用デバイスに関係なく、これまで以上の使いやすさになり、コンテンツにもスムーズにアクセスが可能になりました」

ジョン・ブロリィ アイリッシュ・ニュース マーケティングマネージャー
Project Goals

ユーザー数の増加

4万発行部数を誇る日刊新聞とは別にユーザー数を増やすため、アイリッシュ・ニュースではeSuiteを使って、タブレットやモバイル、デスクトップ、ノートパソコンを含む複数デバイスでのデジタルサービスの提供を促進しています。これにより、アイルランド国内を超えたサービスの提供が可能となったり、以前の使いづらいウェブサイトから離脱してしまった過去のユーザーに向けて再度アプローチすることが可能です。

ユーザー情報の一括管理

全てのユーザー情報が集約された一画面ダッシュボードを使うことで、アイリッシュ・ニュースではオンライン上で一括してユーザー情報にアクセスすることができます。収集されたデータを使って、ユーザーの消費行動に関するデータを入手したり、最も利用が多いデバイスや人気のコンテンツトピックについて調べることができ、これらの情報をもとにユーザー1人ひとりにあった特典、商品、サブスクリプションサービスの提供が可能になりました。

デジタル戦略とキャンペーンの調整

アイリッシュ・ニュースの最新ウェブサイトとペイウォールをローンチした時には、実施しているキャンペーンやデジタル戦略と波長を合わせることが目標でした。アイリッシュ・ニュースにとって、ユーザー数とデジタルコンテンツの消費を増やすことは重要課題でした。そのため、両方の面でバランスが取れるよう、キャンペーンの作成・カスタマイズしたり、個人に合わせた特典や割引オファーでファンユーザーへ還元を行っています。

スムーズなコンテンツ配信

アイリッシュ・ニュースでの1番の目的は、紙新聞とデジタルコンテンツの編集プロセスを統合させることでした。これにより、ニュース編集室での仕事とコンテンツ配信を効率よくかつシンプルに行うことができます。これを実現するD-Shareテクノロジーを使うことで、アイリッシュ・ニュースは簡単に素早く質の高いコンテンツをサイト用に作ることができ、全てのチャネルにおいてデジタルコンテンツを拡散することができます。

Conclusion

eSuiteと新しいウェブサイトを導入したことで、アイリッシュ・ニュースでは柔軟なデジタル・決算システムを使ってEコマース機能をサイトに導入させました。スピーディーで優れたメーター制ペイウォールを開始することで、アイリッシュ・ニュースが求めていた価値の高いコンテンツを有料で提供することを実現させました。

メーター制ペイウォールを導入した最初の1ヶ月は、アイリッシュ・ニュースでは有料登録者数の急増加に向けて準備を行ったこともあり、登録アクセスが大幅に増えた時にでも安心してeSuiteプラットフォームにて対応することができました。

ユーザーに優しい新しいウェブサイトをローンチしたことで、アイリッシュ・ニュースはアイルランド国内を超えて読者を増やし、現在の紙新聞の4万部数を超えたユーザー数にリーチすることを実現しました。

The Client said:

「改善が施された最新ウェブサイトのローンチにより、私たちはアイルランド国内を超えた世界中にリーチを広めることができるようになりました。MPP Global・D-Shareとの提携により、現在のそして未来の読者ユーザーに向けて、よりよりユーザーエクスペリエンスを届けることが可能です。おかげさまで、今ではこれまで以上にユーザーについて理解することができるようになりました。」

リアム・マクマレン アイリッシュ・ニュース システムマネージャー
Download Your Free Copy

We Would Love to Hear from You...

Request a Callback