linkedin-icon

Share on Linkedin

EU一般データ保護規則ーサブスクリプションビジネス向け完全ガイド

Published on 27/11/2019

GDPR(EU一般データ保護規則)が制定されたことで、EU圏ユーザーを対象にサービスを提供するビジネスは、GDPRの概要と対応すべき事項について知ることが求められます。本ガイドでは、サブスクリプション(定額制サービス)において、GDPRが今後の個人データの取り扱いにどう影響するか、そして違反した場合の制裁について解説します。

Download Guide

What you'll learn in this guide

GDPRの対象となる個人データ

EU一般データ保護規則が、どのようなデータを対象にしているか理解せずに、遵守することはできません。本ガイドでは、GDPRに関する重要事項について説明します。

データ管理者の役割について

企業は、個人データを処理するに当たり、データ管理者(Controller)として、個人データの処理を行う目的・方法を定めて適切な安全管理措置を講じる必要があります。

データ処理者の役割について

データ処理者(Processor)とは、データ管理者の代わりに委託を受けて個人データの処理を行います。

データ保護影響評価(DPIA)

データ保護影響評価(DPIA)を実施する前に、いつ実施が必要か、そしてなぜ実施することが重要かについて把握しておきましょう。

We Would Love to Hear from You...

Request a Callback