linkedin-icon

Share on Linkedin

出版・新聞社のデジタル戦略モデルー果たして長期的に効果的か?

Published on 30/10/2013

有料オンラインコンテンツを多くの新聞・出版会社が提供しながらも、現在のビジネスモデルでは限界が出始めています。そのため、紙新聞コンテンツも含めたデジタル戦略を展開する必要がありながらも、オンラインコンテンツを収益化することは簡単ではありません。革新的テクノロジーによる影響、そして消費者のトレンドの変化により、新聞・出版業界のビジネスモデルは常に変化し、見直されています。

Download Whitepaper

What You'll Learn in This Whitepaper

現在の消費者トレンド

紙新聞が低迷する一方で、消費者は様々な有料デジタルメディアを使うようになりました。新聞・出版業界にとっては、これまでで一番大きなトレンドの変化に直面しており、消費者のニーズを満たしながらも安定した売上を確保することに課題を感じています。

ペイウォールの種類

課金モデルである「ペイウォール」は、出版・新聞社にとって収益を確保することができる重要な手法の一つです。ペイウォールには、ハードペイウォール(有料登録なしでは閲覧が一切できない)やメーター制(特定の条件まで無料閲覧が許される)など種類がいくつかあり、それぞれメリットが異なります。

適切にペイウォールを使う

コンテンツ有料化戦略を成功に導くためには、適切なペイウォールを使うことが重要です。本ホワイトペーパーでは、ペイウォールのそれぞれの種類について、主なメリットと適切な使い方について紹介します。

デジタル戦略をカスタマイズ

将来を見据えたデジタル化を進める出版・新聞社には、どんな場面においても効果的といえる万能なデジタル戦略はありません。そのため、ペイウォールの種類から広告モデル、CRMソリューションなど、それぞれのシステムを会社にあった形で導入することが重要です。

Download Your Free Copy

We Would Love to Hear from You...

Request a Callback