linkedin-icon

Share on Linkedin

メディア業界向け「ブラックフライデー」活用方法

Published on 26/11/2019

日本でも「ブラックフライデー(Black Friday)」や「サイバーマンデー(Cyber Monday)」といった大々的なセールが店舗を中心に取り入れられていますが、その業界は出版会社やOTT(オーバー・ザ・トップ)にまでに広がっています。新規ユーザー獲得のために、特別オファーなどを提供していますが、ブラックフライデーは果たしてメディア業界において効果的でしょうか?本ホワイトペーパーでは、これまでに展開されたキャンペーンの成功事例や使える戦略をまじえながら、ブラックフライデーで結果を出せるコツを紹介します。  

Download Whitepaper

What You'll Learn in This Whitepaper

迅速なオファー&インセンティブ設定

ブラックフライデーを実施する場合、事前の準備に時間がかかることが多いものの、すぐにオファーを設定できる機能でリアルタイムにキャンペーンを実施できます。

パーソナライゼーション

既存ユーザーにアップセルを提供するとき、ユーザー1人ひとりの好みやニーズにあった「パーソナライゼーション」された商品・サービスを効果的に提供することができます。

アンチ・ブラックフライデー

すべての企業がブラックフライデーでセールを開催するわけではありません。ブラックフライデーを逆手にとって、ブランド認知を高めるキャンペーンを実施することもできます。

登録ユーザーの解約防止

期間限定のキャンペーンオファーで登録をしたユーザーも、料金プランが通常に戻ってしまうと解約をしてしまう可能性を考えなければなりません。

Download Your Free Copy

We Would Love to Hear from You...

Request a Callback