「決済システム」でサブスクライバー管理を改善する!〜MPP Global社Paul Johnson × Global Payments社Nick Corrigan対談〜

Simon Vella Posted by Simon Vella on Friday, 10 May 2019

概要

サブスクライバー(定期有料会員)管理と決済システムは、定額制サービスを提供する多くのメディア企業にとって重要な課題です。これらは、会員の管理と理解を深め、柔軟性のあるビジネスモデルを導入し、最終的に定期的な収益を生み出す効果をもたらしてくれます。

弊社MPP Globalでは、 Global Payments(グローバルペイメント)からのサポートとインサイトを得ながら、これまで多くのメディア企業のサブスクライバー管理と決済システムを実現してきました。今回は、英国Global Payments代表であるNick Corrigan氏とMPP GlobalのCEO兼共同創業者であるPaul Johnson氏を迎えて、両者のパートナー関係について、そしてEコマースやメディア業界で見られるトレンドについて紹介します。

弊社MPP Globalでは、 Global Payments(グローバルペイメント)からのサポートとインサイトを得ながら、これまで多くのメディア企業のサブスクライバー管理と決済システムを実現してきました。今回は、英国Global Payments代表であるNick Corrigan氏とMPP GlobalのCEO兼共同創業者であるPaul Johnson氏を迎えて、両者のパートナー関係について、そしてEコマースやメディア業界で見られるトレンドについて紹介します。

※本記事は、『IT Pro』にて特集されたものです。


Global Paymentsとは?

<Nick氏>Global Paymentsでは、世界中の企業に決済ソリューションを提供しています。私たちは、決済代行からEコマース向けの携帯決済、不正行為の防止など幅広いサービスを提供しています。私たちはこれらのサービスを用いて、企業のニーズに応じてサポートを行っています。

私たちが大事にしていることは、私たちがただソリューションを提供する会社ではないことです。私たちが提供するサービスで、クライエントの方々がビジネスを成長・成功に導くことができることをミッションとしています。シームレスな決済ソリューションとデータ分析による顧客の購買行動に関するインサイトを提供することで、クライエントの方々に有益なサポートを行っています。

MPP Globalとは?

<Paul氏>MPP Globalでは、世界で最も優れたデジタルサブスクリプション管理と課金プラットフォーム『eSuite』を提供しており、メディア企業を中心に、定期収益をもたらす柔軟なビジネスモデルの実現を行っています。eSuiteでは、次世代のライフサイクルマネージメントを可能にし、新規顧客の獲得から定期制サービスによる収益化、そして顧客の最適化までを実現します。

Global Payments社が行うMPP Globalへのサポートとは?

<Nick氏>MPP Globalでは、出版、TV&エンターテイメント業界を中心にサービスを提供しています。メディア業界全体をターゲットにサービスを提供するMPP Globalでは、特に紙媒体とデジタルコンテンツを組み合わせたサービスへの需要が高まっており、その分野で私たちはサポートを行っています。MPP Globalは、私たちの「Payments API」を使っており、Sky/Now TV、SF Anytime、Leeds Utdなどのクライエントに、Eコマース機能を自社機能として(ホワイトブランド化して)提供しています。

この機能により、現物商品やデジタル商品、定期制サービスを複数プラットフォームをまたいで提供することができるようになります。また、解約率予想システムを使って定期収益を保証し、ターゲット・マーケティングの実施、割引クーポンや無料トライアルの提供を可能にし、根拠に基づきながら、マーケティングリソースを最適化するなど、たくさんのことを可能にしています。

私たちは2016年以来パートナー関係を結んでおり、MPP GlobalはこのEコマース機能を2018年に最初に導入したクライエントでもあります。またMPP Globalでは、私たちが提供する「APM suite」と「不正行為管理ツール」も利用しており、私たちのパートナー関係は日に日に強まっています。12月には約800万のトランザクションが見られており、紹介制度であるリファーラル提携を結ぶことも検討しています。グローバルにクライエントを持つMPP Globalと一緒に働くことで、私たちはヨーロッパ、北アメリカ、アジアのクライエントたちと働く機会を得ることができています。

MPP Globalのような企業にとって、優れた決済ソリューションが重要な理由とは?

<Paul氏>メディア業界で活躍する多くの企業が、定額制サービス(サブスクリプション)モデルを使うことで、顧客と新しい関係づくりを築き、最適なカスタマーエクスペリエンスを提供することができています。適切なコンテンツを、適切なタイミングで顧客に提供することは、重要な要素です。強力な決済代行サービスを提供するGlobal Paymentsと一緒に働くことで、私たちはクライエントの方々に、幅広い決済の種類や方法、通貨選択を提供することができています。Global Paymentsのサービスを使うことで、これまでは実現不可能であった決済関連の問題も解決できると感じています。

決済ソリューションは、どのようにビジネスの成功に影響するか?

<Nick氏>決済ソリューションが会社の成功に与える影響について、多くの人が過小評価をしていますが、実はビジネスに大きな影響を与えます。シームレスな決済ソリューションは、顧客と良好な関係づくりを築くためには欠かせず、さらに顧客の購買行動やパターンについて分析・理解できるという大きなメリットもあります。決済情報や郵便番号ヒートマップ、取引時間帯、顧客がリピート利用する頻度などのデータは、顧客との関係づくりに役立ち、適切なビジネスの決断を行う際に有益な情報となります。例えば、MPP Globalに関しては、私たちの分析サービスにより正しいデータを適切な出資者に提示することができています。

決済システムは、カスタマーエクスペリエンスにどれくらい重要か?

<Nick氏>決済システムは、カスタマーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。何かをオンラインで注文し、関連商品をおすすめされ、実際に支払い画面に移った途端、すべての処理が遅くなり、スムーズに決済ができなかったり、選択した決済方法が使えないなどの経験をしたことがあるでしょう。シームレスな決済システムは、ユーザーが支払いを行いたい時に好みの決済方法を選んで支払いできることを意味し、「決済プロセス」がカスタマージャーニーにおける重要な一部であることを認識することが大事です。

サブスクライバー管理におけるカスタマーエクスペリエンスの重要性とは?

<Paul氏>定額制サービスは進化を遂げており、今ではただの取引形態の一種ではなくなってきています。定期会員は、大衆のうちの一人としてではなく、個人向けにカスタマイズされた特別なサービスを求めています。この考えは、カスタマージャーニー全体にて求められおり、サービスについて知る段階から、購入を決断する段階で求められています。カスタマイズできるサービスとは、個人に合ったセットプランを選択できること、好みの頻度でサービスを受け取ること、好みの決済方法と通貨で決済すること、そして1つ以上の住所宛に商品を届けることができることなどが求められます。また、一時的に定期制サービスを停止できることも、サービス体験を向上させ、継続してサービスを利用してもらうことに繋がります。

「コンテンツ収益化」における最新トレンドとは?

<Paul氏>様々な方法で「コンテンツ収益化」を目指すトレンドが見られており、私たちのクライエントたちも導入を検討しています。定額制サービスにも柔軟性が加えられ、利用期間の縛りなく好きな時に商品・サービスにアクセスすることができる方法も登場しています。「セットプラン無し」「ポップアップ(期間限定)」定額制サービスも見られており、新聞定期購読プランから特定のトピックだけを定期購読したり、スポーツ1試合分のみを購入するなど、ユーザーの好みに応じてカスタマイズできるサービスもあります。これらの新しいビジネスモデルを実現するためには、柔軟な決済システムが成功のカギとなります。

また会員の解約防止も、多くの企業で重要視されています。意図的または恣意的に行われた解約を減らすことは、ビジネスを保守するためには欠かせません。クレジットカード情報自動更新などの機能や、決済情報の再入力ルールを柔軟に適用させることは、会員の解約率の減少に大きく貢献します。これは会社の利益に劇的な効果をもたらし、意図せずにサービスを解約してしまうことなくカスタマーエクスペリエンスを向上させることができます。

Eコマースの最新トレンドとは?

<Nick氏>Eコマースを展開するビジネスは、急成長するこの分野で、最新トレンドに対応できているか一度確認することが重要です。2019年に見られる重要トレンドの一つが、欧州の新たな決済サービス指令(PSD2)です。PSD2は、欧州での金融業界で注目される新しい法令で、今後人々の決済方法に大きな影響を与えると予想されます。「オープンバンキング」の普及により、 TrustlyやiDealなどを通して、クレジットカードではなくオンライン銀行で決済をすることは今後増えていくと考えられます。

MPP GlobalのEコマースにおける役目とは?

<Paul氏>MPP GlobalのeSuiteでは、デジタルサブスクリプション管理と課金クラウドプラットフォームを提供し、ID管理からCRM、Eコマースのすべての機能を、シングルプラットフォーム上で利用することができます。現物商品とデジタルコンテンツ両方に使うことができ、複雑な技術導入の必要はありません。またPCI DSSレベル1、 SOC1、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠しており、クライエントのリスク回避とコスト削減にも貢献します。新しい商品・サービスを素早くローンチできるだけでなく、新しいビジネスモデルを実験的に導入することができ、導入も瞬時に行うことができ、そのパフォーマンスも容易に把握することができます。

MPP Globalの「eSuite」を実際にご覧になりたい場合には、無料デモをお申し込みください→

MPP Globalの「eSuite」を実際にご覧になりたい場合には、無料デモをお申し込みください